任期満了に伴う沖縄県石垣市長選挙は11日午前7時、投票が始まった。新人で前市議の宮良操氏(61)=社民、社大、共産、自由、民進推薦、3期目を目指す現職の中山義隆氏(50)=自民、公明、維新推薦、新人で前県議の砂川利勝氏(54)が立候補している。陸上自衛隊配備計画への対応や現市政の評価などが争点で、当落の判明は深夜の見通し。

(左から)宮良操氏、中山義隆氏、砂川利勝氏

 市選管によると当日有権者数は3万8640人(男性1万9233人、女性1万9407人)。この36%に当たる1万3923人が期日前投票を済ませた。開票は午後9時から始まる。