内閣府の2016年度沖縄振興予算の編成作業が大詰めを迎えている。概算要求額は15年度より約90億円増の3429億円としたが、財務省は大幅減額を示唆。厳しい状況で幕開けした予算折衝は、ここにきて自民党の「沖縄族」の活発な動きもあり、挽回の兆しもある。