【西原】第2回クリスマス音楽花火フェスティバルin沖縄(主催・同実行委)が19日夜、西原町東崎の西原・与那原マリンパークで開かれ、1万1200人(主催者発表)の観客が冬の夜空を彩る約1万発の花火に見入った。東海岸地域の活性化を目指す「東海岸地域サンライズ推進協議会」が共催し、同地域では初開催。「クリスマスイブ」「恋人がサンタクロース」などの曲に乗せて、1尺玉など多彩な花火が上がるたびに会場から歓声が上がった。

クリスマスソングに合わせて夜空を彩る1万発の花火が観客を圧倒した=19日、西原・与那原マリンパーク(金城健太撮影)

 糸満市から両親やきょうだいら10人で訪れた喜屋武小学校6年の新田清崇君(12)は「大きい花火が連続して打ち上げられて迫力があった。想像していたよりもすごかった」と興奮冷めやらぬ様子だった。