【石垣】来年1月、リオデジャネイロ五輪最終予選を兼ねたU―23(23歳以下)アジア選手権に臨むサッカー男子U―23日本代表の手倉森誠監督が20日、選手よりも一足早くキャンプ地の石垣市に入った。「予選突破を意識づけるメンタル強化のキャンプにしたい」と意気込みを語った。

選手より一足早く石垣入りしたU―23日本代表の手倉森誠監督=石垣市、サッカーパークあかんま

 18日に発表されたU―23日本代表21人は23~30日の8日間、市宮良のサッカーパークあかんまでアジア選手権前の最終調整となる石垣島キャンプを実施する。