ボクシングの第62回全日本新人王決定戦が20日、東京・後楽園ホールで行われた。ミドル級東軍代表で那覇市出身の長濱陸(白井・具志堅スポーツ)が、西軍代表のロックハート・ブランドンシェーン(森岡)に判定勝ちし、全日本新人王に輝いた。

判定勝ちでミドル級の全日本新人王に輝いた白井・具志堅スポーツの長濱陸=東京・後楽園ホール

 フェザー級西軍代表で中部商高出の仲里周磨(ナカザト)は、東軍代表の萱沼徹平(帝拳)と引き分けたが敗者扱いとなり、全日本新人王にはなれなかった。