沖縄県名護市辺野古の新基地建設で21日午前10時半現在、米軍キャンプ・シュワブへ入る工事車両は確認できなかった。警視庁から応援で派遣された機動隊員が東京に帰任したとの情報もあり、抗議のため集まった約100人の市民が「工事を止めた」と喜んだ。

工事用車両が姿を見せず、ラインダンスで喜ぶ市民ら=21日午前9時20分、名護市の米軍キャンプ・シュワブゲート前

 市民らによると、同日早朝、機動隊の車列が沖縄自動車道を南下するのが目撃されたという。

 一方、辺野古海域では、海底ボーリング調査の作業が続いていることが確認された。