シンガー・ソングライターの下地勇が新アルバム「ザ・ヒューマン・ギフト」を機に「下地イサム」に改名した。デビューして13年、新しいチャレンジに向けて心機一転するという。「デビュー10周年を終えてから、音楽を生み出すというところで葛藤があった。そのおかげで成長もできたが、振り切ろうと思った」と話す。

改名し、今後の抱負を語る下地イサム=那覇市・沖縄タイムス社

 7日に発売した約3年ぶりのアルバムは、ギター一本のアコースティックな音色に乗せ、共通語で歌っている。宮古の言葉で楽曲を生み出してきた下地にとっては異例の構成だ。店頭には並べず、基本的にライブ会場限定で発売する。父親に贈ったカセットテープが人づてに広まったことがデビューにつながったという下地の原点に立ち戻る気持ちもあるという。

 28日午後7時から那覇市の桜坂劇場で年末ライブがある。入場料は前売り3千円。問い合わせは同劇場、電話098(860)9555。カウントダウンライブは31日午後10時から浦添市のグルーブ。入場料は2016円。問い合わせはグルーブ、電話098(879)4977。