旧帝国大学の日本人学者が収集した沖縄の人骨を返還すべきだと関係者が求めている問題で、照屋寛徳衆院議員は9日、京都大学総長に遺骨の早期返還などの見解を問う公開質問状を送付した。質問状は内容証明郵便で、到着後14日以内の回答を求めている。