【那覇】NPO法人沖縄青少年自立援助センターちゅらゆいが運営する「kukulu」と、長野県や東京都にある認定NPO法人「侍学園」の沖縄校が12日、那覇市牧志のマチグヮーの中に、子どもたちの居場所をオープンさせた。

子どもたちの居場所づくりを目的に「kukulu」と「侍学園沖縄校」の開所を祝い、詰め掛けた関係者たち=那覇市牧志・スペース「アシタネ」

 みんなが気軽に集まれるよう、自分たちで内装を手掛けた一室の名はスペース「アシタネ」。2団体が共有し、生きる力をともに育んでいく。

 「kukulu」の前身「スペースkukulu」は市の子どもの居場所づくり支援事業の一環でちゅらゆいが受託し、2013年7月から事業を実施。15年3月に終了後は月に1~2回のペースで自主的に運営してきた。9月に県の「地域子ども・若者支援活動補助事業」を受けたのを機に、かねてから交流のあった「侍学園」と共同で居場所の開所を決めた。

 多くの子に気軽に来てもらえるよう名付けた愛称「アシタネ」は「明日への種まき」をイメージしたという。現在、職員や支援者、生徒たちとともに内装工事を進めているところだ。

 子どもと一緒にご飯を食べることを大切にしているちゅらゆいの金城隆一代表は「一緒に食事しながら、悩みがぽろっと出てくることもある。そこで一緒に考えていく」。侍学園は子どもたちの精神的・経済的な自立を目指し、当面は中学生の居場所づくりが焦点だ。kukuluは週に2~3回、侍学園は週1回のオープンを予定している。

 同日の開所・開校式には改装に携わった職員や生徒、教室の支援者など約90人が参加。金城代表や侍学園の長岡秀貴理事長、沖縄大学の島村聡准教授によるリレートークもあった。

 式典では、kukuluに通う子どもたちもあいさつ。「こんなにたくさんの人が集まってくれた。私もこんな優しい大人になりたい」「僕たちみたいな子どものために支えてもらってうれしい。kukuluのメンバーとして頑張りたい」と感謝し、温かい拍手が送られた。

 金城代表は「市の事業は終わったが、子どもたちが一度持った希望を消したら駄目だと。この子たちと一緒に場所をつくろうと、スタートを切った」。マチグヮー内での開所に「いろんな体験ができる場所。商店街の人たちにも協力してもらい、一緒に子どもたちの育ちを応援してほしい」と呼び掛けた。

 長岡代表は「島だけの可能性に終わらさず、世界とつながっていく子どもを育てたい。日本一の素晴らしい学舎にしたい」と決意した。