大規模な地震や津波災害の初期対応について、県や市町村、経済団体の代表らでつくる「沖縄の持続的な発展を支える防災対応推進会議」(議長・安里昌利県経営者協会会長)は9日、重点的に取り組むべき施策をまとめ発表した。 震度6弱以上の地震や最大28メートルの津波被害を想定。