契約社員やアルバイトなどの有期雇用労働者が同じ企業で契約更新を繰り返し、5年を越えた場合、無期雇用に転換できる労働契約法の「無期転換ルール」が4月1日から実施される。 沖縄労働局はルール開始に向け、県内の労働者や企業に、概要の説明や具体的な相談に応じる窓口を開設している。