2011年4月12日朝、福島県飯舘村の男性が、自宅で首をつって自殺した。102歳だった。この年になって自ら死を選んだのはなぜか。 男性は、村が避難区域になると知って、「やっぱりここにいたいべ」とつぶやいていたという。