オリックスは20日、大阪市内のホテルで新人12選手の入団記者会見を行い、ドラフト3位の大城滉二内野手(立大)は谷佳知さんから引き継いだ背番号10のユニホームをまとい、プロでの活躍を誓った。

青山大紀(左)近藤大亮(右)とともに笑顔の大城滉二=大阪市(日刊スポーツ新聞社提供)

 興南高2年の時に遊撃手として甲子園春夏連覇。立教大では大学歴代最多安打をマークした。

 大城は「ことしまで谷選手が付けられていた背番号に恥じないよう、頑張っていきたい」と意気込んだ。

 走攻守に高い評価を受けており、「足を生かして走塁や守備をアピールできればと思う。1年目からチームの勝利に貢献したい」と話した。

 ドラフト1位の吉田正尚外野手(青学大)は「打撃を評価してくれていると思うので、キャンプからアピールしたい。早く1軍に定着して、優勝したい」と意気込んだ。

 福良淳一監督は「強いオリックスを築くための答えはここにいる12人の選手。来季この選手たちと戦うのが楽しみ」と期待した。

 【ドラフト】3位 大城滉二内野手(22)=立大、175センチ、71キロ、右投げ右打ち、10