名護市辺野古の新基地建設反対運動などの今後を考えるシンポジウム「沖縄の抵抗運動を問い直す!〜先人の闘いに学ぶ」(主催・東アジア共同体・沖縄〈琉球〉研究会)が3日、那覇市の沖縄大学で開かれた。名桜大の与那覇恵子教授らが登壇。参加した市民ら約50人が故瀬長亀次郎さんら先人の生涯を振り返った。