【東京で勝浦大輔】レスリングの国内最高峰の大会、全日本選手権第2日は22日、代々木競技場第二体育館で行われ、男子グレコローマンスタイル75キロ級決勝で日本体育大3年の屋比久翔平(20)=浦添工業高出=が鶴巻宰(自衛隊)を3―0で下し、初優勝を飾った。沖縄県勢の優勝は屋比久の父保さんが旧82キロ級で1989年、91年に制して以来24年ぶり2人目で、親子制覇の快挙を成し遂げた。

初優勝を決め、ガッツポーズで喜ぶ日本体育大の屋比久翔平(左)=代々木第二体育館(勝浦大輔撮影)