医療が必要な子どもと家族に対し保育や支援をする医療保育士。主に病院や障がい児施設、病児保育室で勤務しており、県内における人数は不明だが、より高い専門知識を持つ医療保育専門士は3人いる。