瑞穂酒造(玉那覇美佐子社長)は17、18の両日、那覇市の同酒造で開かれる「みずほ天龍蔵祭り」で、創業170周年記念28年古酒「嘉榮(かえい)」を販売する。

瑞穂酒造の創業170周年を記念して発売する28年古酒「嘉榮」

 720ミリリットル入り、43度。100本限定で7万円で販売する。琉球ガラスに昇り龍をあしらったデザインで高級感を演出。パッケージ内側に同酒造の戦後直後の写真などを掲載し、歴史もアピールする。

 ネーミングは創業の嘉永元年(1848年)にちなみ、今後の「栄え」と地元に根差す思いを込めた。

 玉那覇社長は「ふくよかな香りで、度数を感じさせないまろやかな味わい」とPR。170周年を迎え、「引き継いできた泡盛造りを次世代に伝えていくことが責務。創業200周年を目指し、人材育成に力を入れたい」と力を込めた。

 「天龍蔵祭り」は午前11時から。入場無料。獅子舞や旗頭、空手演武などの舞台のほか、泡盛の歴史などが学べるセミナーなどもある。500円で泡盛が飲み放題。問い合わせは同酒造、電話098(885)0121。