12日に始まった名護市議会(宮城弘子議長)の一般質問で、渡具知武豊市長は辺野古新基地建設に関し「大きな課題だが唯一ではない。市長としてなすべきことはほかにもある」とし、辺野古工事差し止め訴訟の推移を注視する従来のスタンスを強調した。屋比久稔氏への答弁。

1 渡具知武豊市長

 政府に要望している国職員の複数人確保について渡具知市長は「総務省から1人ということで調整している」と述べた。

 名護市長選の結果については「私を支援する人には多くの(基地に対する)意見があった。(選挙結果で)辺野古移設が容認ということにはならない」とした。仲村善幸氏への答弁。

 一方でこれまで再編交付金を「受け取れるのであれば受け取る」と報道陣に語っていたが、仲村氏の国の交付決定があれば受け取るかとの質問に「即答は避けたい」と慎重な姿勢を見せた。