沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、無許可での岩礁破砕は違法として、県が国を相手に破砕を伴う工事の差し止めを求めた訴訟の判決が13日、那覇地裁であった。森鍵一裁判長は県側の訴えを却下した。

那覇地裁に入る県側代理人弁護士と職員=13日午後2時45分ごろ

(資料写真)工事が進む名護市のキャンプ・シュワブ沿岸部=2月6日

那覇地裁に入る県側代理人弁護士と職員=13日午後2時45分ごろ (資料写真)工事が進む名護市のキャンプ・シュワブ沿岸部=2月6日

 県側はこれまで「無許可で岩礁を破砕しようとする国側の違法性を指摘する紛争は、裁判所で終局的に解決できる」と主張。訴えは裁判所の審判の対象(法律上の争訟)だと指摘した。

 国側は「法に定めのない差し止めを請求している」などと反論。県の訴えは行政上の義務の履行を求める訴訟で、最高裁判決に基づいて却下されるべきだと訴えていた。

 提訴は昨年7月で、新基地建設を巡る国と県の訴訟は5度目。