11日投開票の石垣市長選で、市平得大俣への陸自配備計画に理解を示す現職の中山義隆氏が3選を果たし、防衛省内では「これで計画が進む」との期待感が広がる。2018年度に着工し、作業を加速したい考えだ。だが、予定地面積の約半分は市有地で、その売却などには市議会の議決が必要となる。