翁長雄志知事が名護市辺野古の新基地建設と沖縄が抱える基地問題の現状を伝えるため、米国を訪問している。就任後4度目で、昨年4月に沖縄防衛局が埋め立ての第一段階となる護岸工事に着手してから初めての訪米となる。「辺野古が唯一」とする政府見解を崩す論理を導き出すことができるか、知事にとり正念場だ。