沖縄県内のライブハウスで人気上昇中のバンド、奢る舞けん茜(しゃるまいけんあかね)の初フルアルバム「マタタビ アカシックス」(税込み2千円)が14日、全国で発売された。爆音がステージを駆け巡るのが魅力の4人組。新譜にはライブの力強さを包容しながら繊細さもにじませる13曲を収録する。

初フルアルバムを制作した奢る舞けん茜の(左から)、かつや、とや、いじゅ、まつどー=那覇市・沖縄タイムス社

アウトプット会場のオープニングアクトを務めた県出身バンド「奢る舞けん茜」=2017年3月、那覇市・同ライブハウス

初フルアルバムを制作した奢る舞けん茜の(左から)、かつや、とや、いじゅ、まつどー=那覇市・沖縄タイムス社 アウトプット会場のオープニングアクトを務めた県出身バンド「奢る舞けん茜」=2017年3月、那覇市・同ライブハウス

 とや(ボーカル・ギター)、かつや(ギター)、まつどー(ベース)、いじゅ(ドラム)の4人はともに与那原町出身の同級生。2011年、与那原中学2年の時、結成。16歳の時に応募した10代限定ロックイベント「閃光ライオット2014」でファイナリストに選出、全国約1万組の中から勝ち上がった。

 インパクトの強いバンド名は、とやがこれまで飼ってきた愛猫3匹の名前を掛け合わせた。とやは結成7年目での初フルアルバムのリリースについて「書きためてきた曲を形にしたかった」と説明する。

 「ライブへ足を運ぶきっかけの1枚になってほしい」と望むのはまつどー。かつやが「自分たちは、まだ与那原中にいる感覚のときがある」と言うように、多くの詞は10代らしい心の機微を感じさせる。

 いじゅは「汗を飛び散らせて完成させた1枚。聴く人も汗を流して楽しんでもらえればうれしい」と話した。

 アルバムリリースを記念したライブが18日午後5時半から那覇市の桜坂セントラルである。入場料1500円。問い合わせはピーエムエージェンシー、電話098(898)1331。