【北谷】普天間高校野球部父母会は20日、ちゃたんニライセンターで、プロ野球の巨人にドラフト3位指名で入団した同校3年の與那原大剛(ひろたか)選手(18)の祝賀会を開いた。父母会関係者や歴代OB、学校関係者らが集まり、同校初のプロ野球選手誕生を祝った。

OBらと記念写真に収まる與那原大剛選手(中央)=ちゃたんニライセンター

 與那原選手は両親とともに来場者の拍手に迎えられ会場入り。各テーブルを回ってあいさつをしながら、写真撮影やサインに快く応じた。與那原選手を目の前にしたOBらは、「頑張れよ」「大きいな」などと声を掛けていた。

 同父母会の渡名喜守聖会長は「小さいころから『ヒーロー』と呼ばれていたが、本物のヒーローになった」と喜んだ。下地敏洋校長は「近い将来、世界でも活躍する投手になって、夢と希望を与えてほしい」と期待した。

 與那原選手は「みんなの支えや応援のおかげで、プロ野球選手になれた。これまで以上に強い意志と自覚を持ち、1年でも早く1軍で投げたい」と意気込んだ。