【伊平屋】「村生ごみ等循環型資源活用事業」の住民説明会が2月20日、村産業連携拠点センターであり、村民約60人が参加した=写真。検討委員会事務局の親川千紗子さんや琉球大学名誉教授の渡嘉敷義浩さん、バイオマス再資源化センターの前堂正志代表取締役が村のごみ処理の現状を踏まえ、事業概要を説明した。