沖縄美ら島財団は11日、助成する研究事業の報告会を那覇市の県立博物館・美術館で開いた=写真。本年度までに採択された過去の事業の中から、動物や植物を研究する8人が代表して成果や展望を発表した。 琉球大学熱帯生物圏研究センターの守田昌哉さんは、ミドリイシ属サンゴの精子を凍結保存する方法を報告。