2015年1~11月に県警が摘発した覚せい剤や大麻、危険ドラッグなどの所持・使用による薬物事犯が146人に上り、過去最多だった前年より21人増加したことが、23日までに分かった。