【宜野湾】来年1月17日告示、同24日投開票の宜野湾市長選まで残り1カ月となった。同市長選は現職で再選を目指す佐喜真淳氏(51)=自民、公明推薦=と、新人の元県幹部職員、志村恵一郎氏(63)の一騎打ちの構図が固まっており、両陣営による激しい前哨戦が行われている。

志村恵一郎氏(左)佐喜真淳氏(右)

 選挙の結果によっては政府が米軍普天間飛行場の代替施設と位置付ける名護市辺野古の新基地建設に影響しかねず、佐喜真氏を支援する政府・与党は勝利が至上命題。一方で志村氏を支援する、新基地を拒む勢力が結集した「オール沖縄」側も「政府に『直近の民意』と利用されないため絶対落とせない選挙」と位置付け、双方のテコ入れも徐々に激しくなってきた。

 市長選は来年6月の県議選、夏の参院選の前哨戦と位置付けられ、県内政局を占う意味でも注目される。