【東京】政府は24日、2016年度予算案を閣議決定し、防衛費は過去最大となる5兆541億円を計上した。米軍普天間飛行場の閉鎖に伴う名護市辺野古への移設関連経費は昨年度の1736億円と同規模の1707億円を確保し、新基地建設を進める姿勢を強く打ち出した。同省は年明けにも護岸の建設、次年度以降には本格的な埋め立て工事に着手する方針だ。

 宮古島への陸上自衛隊警備部隊配備に向け、新駐屯地の用地取得と敷地造成費108億円を計上。嘉手納より南の米軍施設返還関連経費は105億円を確保し、牧港補給地区(キャンプ・キンザー)の倉庫の米陸軍トリイ通信施設への移設費として73億円、西普天間住宅地区の不発弾や土壌汚染などを取り除く支障除去費に29億円などを計上した。