サンタクロースやトナカイに扮(ふん)した沖縄都市モノレールの社員がクリスマスイブの24日、那覇空港駅を午前10時に出発したモノレールで乗客らにちんすこうなどのお菓子を配った。この時期恒例のイベントで、空港駅と首里駅を1往復する1時間が、特別列車となった。

サンタ姿のモノレール社員(右)からお菓子などのプレゼントをもらい笑顔の保育園児たち=24日午前、那覇市内

 オレンジ第2保育園(那覇市金城)の園児約40人も小禄駅から乗車した。儀保心音ちゃん5は、非売品のゆいレール缶バッジ入りのプレゼントを手に「うれしい」と大喜び。「本物のサンタさん」にお願いしたのは、大事にしている人形の「メルちゃん」の家で、「お手紙も書いたよ」と期待に胸を膨らませていた。