沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古新基地抗議の山城議長ら3人に有罪判決 那覇地裁

2018年3月14日 13:38

 2016年に名護市辺野古の米軍基地建設などへの反対活動中に逮捕され、公務執行妨害や威力業務妨害の罪などに問われた沖縄平和運動センターの山城博治議長(65)ら3人の判決公判が14日、那覇地裁であった。柴田寿宏裁判長は山城議長に懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年6月)を言い渡した。

判決を受け、垂れ幕を掲げる弁護士=14日午後1時36分、那覇市楚辺・城岳公園

(資料写真)山城博治氏

判決を受け、垂れ幕を掲げる弁護士=14日午後1時36分、那覇市楚辺・城岳公園 (資料写真)山城博治氏

 山城議長と共謀して辺野古の工事用ゲート前でコンクリートブロックを積み上げ、埋め立て工事を進める沖縄防衛局の業務を妨害したとして、威力業務妨害罪に問われた67歳の男性に対しては懲役8月、執行猶予2年(求刑懲役1年)を宣告した。

 議長と共謀して東村高江の北部訓練場付近で沖縄防衛局職員に暴行したとして、公務執行妨害と傷害などの罪に問われた45歳の男性については懲役1年6月、執行猶予5年(求刑懲役2年)を言い渡した。

 検察側は公判で「主義主張を違法な手段で実現しようとした犯行で、法治国家では到底正当化できない」などと主張。議長の弁護側は同年10月、東村高江の北部訓練場付近で有刺鉄線1本を切断した器物損壊罪については認める一方、それ以外は無罪を主張。他の2人の弁護側もそれぞれ無罪を訴えていた。

 判決は45歳男性について、山城議長と共謀して東村高江の北部訓練場付近で沖縄防衛局職員に暴行したとして問われていた別の公務執行妨害と傷害の罪については無罪とした。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム