【宜野湾】名護市辺野古の新基地建設を巡る訴訟の県敗訴を受け、米軍普天間飛行場を抱える宜野湾市の佐喜真淳市長は13日、「政府と県の訴訟で、コメントのしようがない」と前置きした上で「裁判を繰り返すのではなく、極めて危険な普天間飛行場を返還するという本質を考えてほしい。