【東京】名護市辺野古の新基地建設を巡る第13回環境監視等委員会が13日、防衛省であり、沖縄防衛局は食害の跡が確認されたオキナワハマサンゴ1群体が移植可能な状態に回復していると報告した。