名護市辺野古の新基地建設を巡る訴訟の判決を受け、県側の代理人弁護士と謝花喜一郎知事公室長が13日、県庁1階で会見した。松永和宏弁護士は「非常に残念。司法の役割を放棄したと言わざるを得ない」と批判した。