重い心臓病で、渡米による移植手術が必要な翁長希羽(のあ)ちゃん(1)を支援しようと、琉球バスのガイドや運転手で結成する「琉ま~る」メンバーらが24日、那覇市のゆいレールおもろまち駅でチャリティーライブを行った。メンバーは「手術までもう一歩。ご協力をお願いします」と、利用客らに呼び掛けた。

駅構内で、ライブを通し翁長希羽ちゃんへの支援を呼び掛けた「琉ま~る」のメンバーら=24日、那覇市・おもろまち駅

 ライブは「琉ま~る」が企画。昨年の松島良生君に続き、2回目のチャリティーイベントとして、沖縄都市モノレールに呼び掛けて実現した。メンバー10人は、駅構内で「安里屋ユンタ」など民謡を披露。比嘉麻乃さん(41)は「音楽の力で、集まってもらおうと企画した。海外の観光客の方も募金してくれて、本当にうれしい」と話した。

 4歳の娘を連れ、ライブを楽しんだ屋嘉比涼子さん(40)=那覇市=は「目標までもう少し。手術がかなって、元気になってほしい」と期待を寄せた。