(2)さんぱちろく 俳句(はいく)の「五七五(ごしちご)」みたいに、文字(もじ)では「三八六(さんぱちろく)」と書(か)くよ。ここで一首(いっしゅ)。「いざよワラビーも 琉歌詠(りゅうかよ)んでみた 難(むず)しいけれど やればできる」。