JAおきなわ(大城勉理事長)は12日夜、那覇空港貨物ターミナルビルで、彼岸用のキク類1800ケース(約40万本)を日本航空(JAL)の貨物臨時便に積み、関東地区に向けて出荷した。