防衛省が名護市辺野古の新基地建設関連費として2015年度と同規模の1707億円を計上した背景には、建設の是非をめぐり沖縄県と法廷で争う中でも、辺野古の工事を進めるという国の強硬姿勢がある。 加えて今回、防衛省は名護市の久辺3区への直接補助金の額を倍増し、7800万円を計上した。