宜野湾市民の安全な生活を守る会の平安座唯雄会長は13日、県庁で記者会見を開き、県側の訴えが却下された判決について「判決が基地の移転を進めるということであれば歓迎だ」と述べた。 平安座会長は「われわれは基地問題の本来の被害者であり、その声が忘れられている」と強調。「解決に向かって一歩でも前に進む判決。