9秒でまるわかり!

  • 日本一長い無料橋・伊良部大橋に全LEDの夜間照明が設置された
  • 光が過度に漏れない投光照明で、ウミガメなどの生態環境にも配慮
  • これまで夜間照明がなく市民から安全を懸念する声が上がっていた

 【宮古島】今年1月に開通した伊良部大橋に夜間照明が設置され、21日、点灯式があった。環境への配慮やランニングコストの低減を図るため、すべてLEDを採用。海中道路の部分などは光が過度に漏れないような投光照明を設置し、ウミガメなどの生態環境にも配慮した。沖縄県は「道路照明としては珍しい方式」としており、関係者は夜間のライトアップが新たな観光資源になると期待を込めた。

新たに設置された夜間照明=宮古島市・伊良部大橋

 伊良部大橋(本橋部3540メートル)は通行無料の橋として国内最長。だがこれまで夜間照明がなく、市民らから安全を懸念する声が上がっていた。今回、「橋梁(きょうりょう)一般部」に280メートル間隔で12基の照明灯を設置、主航路部と海中道路に投光照明を30基設置した。

 宮古島市平良側の大橋橋詰め広場には同日、県職員や市の関係者らが出席。民謡なども披露され、工事の完成を祝った。

 県宮古土木事務所の小橋川透所長は大橋開通から1年になるとし、「住民の利便性の向上に大きく寄与しているのではないか。照明の設置で海上を照らす夜景スポットとなり、新たな観光資源にもなる。今後は関係者が地元経済や地域活性化の課題にいっそう取り組む必要がある」とあいさつ。同市建設部の下地康教部長は「素晴らしい化粧直し」と述べ、照明設置を関係者とともに喜んでいた。工事費は約800万円。