沖縄県の翁長雄志知事は25日午前、名護市辺野古の埋め立て承認取り消しを執行停止した石井啓一国交相の決定を違法として、同日中に抗告訴訟を提起することを表明した。東京都内で沖縄タイムスなどの取材に「準備が整って速やかにと言ってきた」と説明。同日夕に県庁で会見し、具体的に説明する。

翁長雄志知事

 24日の国地方係争処理委員会で、埋め立て承認取り消し処分の効力を停止した石井国交相の決定に対する県の審査申し出が却下されたことには、「中身での勝負じゃなく、入り口でけられたのは大変残念だなと思う」と述べた。