【東京】沖縄県名護市の辺野古新基地建設の埋め立て承認の取り消しに対する国の執行停止決定をめぐり、国地方係争処理委員会が県の審査申し出を却下したことに、石井啓一国土交通大臣は25日午前の閣議後会見で「(同委は)法令に基づき対応されたと認識している」と話した。今後、県が高等裁判所で争う方針であることには「仮定の話でコメントは差し控える」と述べた。