【東京】島尻安伊子沖縄担当相は25日午前の閣議後会見で、沖縄県名護市辺野古の埋め立て承認取り消し処分の効力を停止した石井啓一国交相の決定は違法だとして翁長雄志知事が提起する抗告訴訟について、「基地問題でいろいろな事情があるのは承知している。裁判は関係省庁がルールに従って進める」と述べるにとどめた。

 辺野古の新基地建設をめぐる沖縄県と政府の対立による沖縄振興への影響は「ない思う」と否定。対立が県民生活に資するのかとの問いには、「振興担当としては基地のところはコメントは差し控えたい」とした。