第70回(2015年度)文化庁芸術祭で、琉球舞踊重踊流二世宗家の志田真木さん(45)が舞踊部門関東参加の部で大賞を受賞した。また、ラジオ部門ドキュメンタリーの部でエフエム沖縄が優秀賞となった。文化庁が25日に発表した。

志田真木さん

山川悦史さん

志田真木さん 山川悦史さん

 志田さんは11月に東京で開催した独演会「真木の会」の成果が評価された。琉球芸能の大賞は2年連続2度目、個人では初めてとなる。エフエム沖縄は戦後70年特別番組の「一枚の写真~1944年10月13日 宮古島」で同部門の沖縄初受賞となった。

 志田さんは「一つ一つの舞台に真摯(しんし)に務めていることを見ていただけたのではないか」と感謝した。エフエム沖縄放送制作部長の山川悦史さん(54)は「リスナーの反響がとても大きかった番組でうれしい。アメリカのスタッフに早く報告したい」と声を弾ませた。

 表彰式は来年2月8日に東京都の明治記念館で行われる。