2018年(平成30年) 6月22日

沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄に核施設、日本側が肯定発言 元米高官「メモは正確で信頼できる」

9秒でまるわかり!

  • 元大統領特別補佐官が沖縄への核兵器再配備のメモの信用性を証言
  • 元補佐官は「よく覚えている。内容は正確で、信頼できるもの」
  • 外務省は聞き取りは認めているが、肯定したとの事実関係は否定

 【平安名純代・米国特約記者】外務省の秋葉剛男事務次官が駐米公使だった2009年、米議会が設置した委員会で沖縄への核兵器再配備について見解を問われ、「説得力がある」と肯定的に答えていたと記述したメモについて、クリントン政権時に大統領特別補佐官を務めたモートン・ハルペリン氏は13日、「信頼する人物が作成したものだ」と証言した。

「沖縄かグアムへの核貯蔵庫の建設」に関する見解を聞かれた秋葉剛男公使(現・外務事務次官)は「そのような提案は説得力がある」と答えたことが記されている(マーカー部分)=米戦略体制委員会の概要メモから

 メモは、09年2月に戦略態勢委員会(議長、ウィリアム・ペリー元国防長官)による在米日本大使館関係者らへの意見聴取で、秋葉氏が提出した書面証言と質疑応答をまとめたもの。宛先はハルペリン氏で、委員会メンバーだが、意見聴取に出席できなかった同氏への報告書としてスタッフが作成した。

 ハルペリン氏は、秋葉氏の証言をまとめたメモについて「よく覚えている。内容は正確で、もちろん信頼できるものだ」と述べた。

 秋葉氏は、当時のオバマ政権が核兵器を削減する可能性を懸念し、米国の核戦力の維持を要請。シュレジンジャー副議長の「沖縄かグアムへの核貯蔵庫の建設をどう考えるか」との質問に対し、秋葉氏は「そうした提案は説得力がある」と述べ、沖縄への核再配備の可能性を明確に肯定した。

 河野太郎外相は6日の会見で秋葉氏の発言に関する事実関係を否定。同省担当者は9日、米側の聞き取りについては認めていた。ハルペリン氏は、ジョンソン政権下(1966~69年)で国防次官補代理として沖縄返還交渉を担当した。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

サクッとニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間