来年6月予定の県議選に向け前県議の上里直司氏(42)は25日、県庁記者クラブで会見し那覇市・南部離島区(定数11)に無所属で立候補する考えを表明した。

上里直司氏

 翁長県政に中立の立場。「普天間飛行場の辺野古移設に反対してきた考えは変わらないが、別の課題も考えるべきだ」として議会改革や子どもの貧困対策に取り組む姿勢を強調した。

 上里氏は1973年生まれ、沖縄市出身。明治大卒。那覇市議を経て、民主党に所属し、08~12年まで県議を務めた。