【糸満】来年6月予定の沖縄県議選で、糸満市議会議長の徳元敏之氏(53)が25日、糸満市区(定数2)に立候補する方針を固めた。

徳元敏之氏

 徳元氏は「過疎化が進む三和地域など農村を活性化させたい。地元の声を県に伝え、農家の所得向上や人材育成に力を尽くしたい」と抱負を述べた。

 徳元氏は1962年生まれ。糸満市米須出身。沖縄国際大学卒。01年、糸満市議会議員に初当選、現在4期目。09年に副議長を務め、12年に辞任。13年から議長を務めている。