【東京】福井照沖縄担当相は13日、県内での鉄軌道導入について、引き続き調査が必要との考えを示した。「期待が大変大きい。内閣府の調査では、費用便益比が1を下回るなど課題があり、調査を続けていくことが必要」と述べた。