沖縄県青少年・子ども家庭課は25日、2016年の県内の新成人は1万6666人(男性8547人、女性8119人、以下同)になると発表した。昨年に比べ605人の減。2万438人と過去最多を記録した04年以降は減少傾向が続き、11年の1万6639人に次ぐ2番目の少なさとなった。

2015年の成人式=1月11日、沖縄市民会館

 1995年4月2日から96年4月1日までに生まれた人を、県が今年12月に集計した。

 市町村別で見ると、最多は那覇市で3394人(男性1788人、女性1606人)。沖縄市1612人(776人、836人)、うるま市1381人(704人、677人)、浦添市1281人(651人、630人)、宜野湾市1161人(604人、557人)と続いた。

 一方、最少は粟国村で6人(3人、3人)。渡名喜村7人(4人、3人)、座間味村7人(6人、1人)、北大東村8人(3人、5人)、渡嘉敷村10人(7人、3人)だった。

 16年の成人の日は、第2月曜日となる1月11日。成人式は地区開催も含め全41市町村で開かれ、うち22市町村が10日に集中している。最も早いのは伊是名村と伊平屋村、竹富町小浜地区の1日。那覇市では10日に16中学校区で一斉に開催される。