【名護】名護市辺野古の新基地建設で26日午前、米軍キャンプ・シュワブゲート前の建設反対市民らによる座り込みが続いている。同日午前11時までに、工事関係車両はシュワブ内に入っていない。

歌を歌いながら米軍キャンプ・シュワブゲート前に座り込む市民ら=26日午前、名護市辺野古

 市民ら約90人は早朝、工事車両用ゲート前に座り込み「自然を守ろう」「新基地反対」と声を上げた。

 大浦湾では、沖縄防衛局が2カ所でボーリング調査を継続している様子が確認された。市民らはカヌー14挺などで抗議。一部がフロートを超え、海上保安庁に拘束された。