死者の世界の有無の議論は置くとして、受け継がれた命の存在は、DNAだけではない死者の思いもまた、つないでいくものなのだと感じさせてくれる。1年に1度、あの世とこの世を隔てる扉が開き、死者たちは人間界に帰ってこられる。

「リメンバー・ミー」の一場面

 でもそれは覚えていてくれる誰かがいる人だけ、誰からも忘れられたら消えてしまう運命だ。そんな死者の日に、逆に人間界から迷い込んでしまったのはミゲル。音楽禁止をかたくなに唱える家に反抗した結果だった。

 カラフルな世界と、スクリーンから飛び出さんばかりの歌と踊りは、ミゲルと一緒に死者の国に旅することを容易にしてくれる。ミゲルを取り巻く魂の優しさにうるうるしながら、音痴な私でさえ「リメンバー・ミー」と迷惑な鼻歌を奏でていた。(スターシアターズ・榮慶子)

◇シネマQ、シネマライカム、ミハマ7プレックス、サザンプレックスで上映中。